男性IT業界は非正規雇用は多いです

男性で、非正規雇用として勤務しているケースは多いです。特に自分で独立したいので、今は非正規雇用で働いてスキルアップしているという方も多いです。大手企業で非正規雇用として働いて技術などスキルを磨くことができますし、人間関係を築くこともできるので、しっかりと働いてスキルアップすることができます。男性は非正規雇用として働いている方も多く、自分でいずれは独立したいと考えたり、正社員として勤務したいと考える男性も多数います。IT系ベンチャー企業を立ち上げるには、非正規雇用としてしばらく大手企業や外資系企業でスキルを磨いて技術習得するなど、様々なライフスタイルにあった働き方ができるので、しっかりと身につけると技術力を伸ばすことができます。非正規雇用として働いていると、ボーナスなども出ないことが多いですし、福利厚生なども正社員と違って充実していないことが多々あります。やはり独立する方も多いので将来的なことも考え、働いている方が多いです。

IT業界の非正規雇用は多いです

IT業界で働いている場合、正社員の方もいますが、部署によっては非正規雇用も多いです。特に女性の場合、結婚・出産した後に退職するケースも多く、その後は非正規雇用として勤務してライフスタイルにあった働き方をしているなど、無理なく勤務できるのでけっこう女性などは、非正規雇用スタイルは多いです。正社員だとどうしても残業が多くなったり、休日出勤などIT業界は多いです。特に障害対応などしていると、急に夕方からお客様サポートを行ったり、色々とハードな仕事も多いので思ったように仕事と子育て・家事との両立が難しいと感じることも多いです。子供が小さいうちは家庭を重視して働きたいといったライフスタイルにあった勤務ができるのは、非正規雇用の方が残業規制などもあるため、上手に働くことができますし、子育てと両立しながら勤務しているケースも多々あります。無理なくやりくりすることがライフスタイルを充実させるためのコツです。

一口に非正規雇用のITエンジニアと言っても

IT業界において、非正規雇用のITエンジニアは多いという印象です。そして、IT業界においては一口に「非正規雇用のITエンジニア」とは言っても、その技術はピンキリだとも言えるでしょうか。

教室の講師にも呼ばれるような優秀な非正規雇用のITエンジニアの人もいれば、人間関係が立ち行かないと思われてしまうようなフリーランス的な立場の非正規雇用のITエンジニアもいますからね。

私がいたIT関連会社にしましても、非正規雇用のITエンジニアをプロジェクトによっては呼び寄せていることもあり、「非正規雇用のITエンジニアと一口に言ってもスキルからコミュニケーション能力からさまざまだなー」と思ったものです。

ただ、一般的な事務員派遣社員と違うなーと思うところは、非正規雇用のITエンジニアの場合、自ら望んで非正規雇用のITエンジニアとなっている人も結構いるということですね。

ですから、優秀なIT技術者はフリーランスの方が稼げるのであえて非正規雇用で活動しているという人もいますし、また反対に、人間関係をそつなく対応できなくて、それで非正規雇用のITエンジニアをしている人もいますしね。実にさまざまだという印象です。

IT業界での非正規雇用

IT業界でも企業の正社員ではなく非正規雇用として働く方が多くいます。特にシステム開発系の中小企業にそういった方が多く在籍しています。

IT業界で非正規雇用で働くメリットはずばり自由であることです。要はフリーランスで仕事をしていくことになりますので、仕事の仕方やどんな仕事をするかは自分次第です。自分がやりたいように自由に仕事をすることができます。正社員は企業の意向に従わなければならないため、時には自分がやりたくない仕事を強いられることもあります。しかし、非正規で働いている場合はそれがありません。気に入らなければやらなければ良いだけです。

逆にデメリットとしては、収入が安定しないことと、仕事を選べるからと言っても、自分に合った仕事が見つかるかどうかは別問題であることです。収入に関しては長期の契約が取れればある程度安定しますが、景気が悪くなると仕事も減るため、注意が必要です。また、仕事に関しては、やはり自分が思った通りの仕事に巡り合える確率は低いことから、ある程度妥協して仕事を探す必要もあります。

最近は非正規雇用は収入が安定しない印象から敬遠されている用ですが、メリットもあるので一考の余地はあると思います。

IT系の派遣社員のメリット

IT系の派遣社員には、以下のようなメリットがあります。

一つ目は、「融通の利く働き方ができる」。

これはフリーランスにもいえることですが、派遣社員の場合は派遣元が存在することで、より融通を利かせやすくなっています。

ですから、子育て中の人などでも、無理なく働くことができます。

二つ目は、「業務内容を選択できる」。

派遣社員は、契約時に「いつからいつまでこの仕事をしてください」という形で明示されます。

ですから、自分がやりたい業務をやりたい期間だけ選択することができます。

三つ目は、「高収入も狙える」。

派遣社員の中でも、IT系は時給が高めに設定されています。

ですから、それなりのスキルがあれば、高収入を狙うこともできます。

四つ目は、「いろいろな経験が積める」。

正社員として大企業に入るのは難しいとしても、派遣社員としてなら意外と簡単に入ることができますし、いろいろな職場に行くことで、人脈を広げることもできます。

正規雇用になると部下達に左右される

私はIT関係の会社に勤めています。それまでは非正規雇用として今の会社に勤めていました。非正規雇用の時は同じ様に仕事をしているのに、なぜ正規雇用の方はボーナスがあり基本給も高いのか疑問でいした。しかし、実際に正規雇用になってみると自身だけの能力値だけでは仕事が出来なくついてくる部下達のチームによる仕事になります。つまり、今まで個人評価で人事考課を行っていたが、正規雇用になることでチーム全体の人事考課になりました。なので、使えない部下が入社してくると大問題です。その責任を上司が取らないといけないので、また、そうなると給料にも影響してきます。それであればまだ非正規雇用の方がいいのかなと思います。やはり正規雇用はそれないりの責任があると思いますが、それは非正規雇用も同じだと思います。どちらを捕るかということになると思います。お金を取って責任とストレスを増やすか、時間を取って給料を減らすかのどちらかになると思います。

非正規雇用はIT業界には多いです

非正規雇用で働いている方はIT系にはとても多いです。製品出荷前のテスト評価作業など色々とIT業界は非正規雇用として勤務している方が多いです。女性の方は非正規雇用で働き、家庭との両立など上手に働くことができるので魅力的な仕事です。パートよりもIT系の非正規雇用は、お給料も良いですし契約内容によっては残業なしで勤務することもできるので、ライフスタイルにあった働き方ができ、子育てと両立できるのでストレスなく勤務することができます。IT業界で活躍する主婦の方も多く、そして男性の方はいずれ自分で独立したいと思い、非正規雇用として大手企業や外資系企業で働いてスキルを磨いたり、人間関係を築くなど上手に働いて得るものも多いため、しっかりと経験するケースも多いです。自分なりに働き方を工夫することで、スキルアップすることができますし、IT業界で非正規雇用として働いていると自分らしい生活を見つけることができます。

正社員の重み

私はIT関連の会社に所属をしています。私は非正規雇用から正規雇用になりました。私は男なのでしっかり安定しているところで働きたいと思い、強く志願をした結果、正社員になることが出来ました。しかし、今思うと、非正規雇用の方が良かったと思っています。その理由は正規雇用の場合、その責任が降り掛かってきます。その分、ボーナスも出ますが、それと見合うだけの責任なのかわかりません。つまり、給料を上げる為に無制限の残業と休日を削られるのであれば、別の仕事(副業)を行う事がいいのかと思います。そうすることで気軽に休めますし、同じ勤務時間を副業にあてればきっとそれは年収を超える可能性もあります。家族のために正規雇用になったのが逆に家族サービスができなくなるのでそこで家庭が崩壊する可能性もあります。なので単純、正規雇用が良いとは個人的には思えません。正規雇用は給料が高いなりの責任があり、非正規雇用は給料が安いかもしれませんが、その分の時間と責任から開放されますのでどちらも一長一短です。

IT会社への就職は非正規雇用からスタートの方がいいか

私はIT業界において、まずは「非正規雇用からスタート」であることについて、べつにデメリットはないと思っています。とは言いましても、私も新卒採用を目指す学生時代はとにかく「正社員」にこだわっていたものですが、こうして何年も社会人をやっていますと思うのです。

そしてまた、IT業界に身を置いていると思うのです。IT業界の場合、とくにスタート時は「正規雇用であること」「非正規雇用であること」はとくに気にしないでもいいということが。

というかむしろ採用される側の人間としても、IT会社への就職の場合はとくに、「スタート時は非正規雇用でいい」と思うわけです。なぜなら、試用期間の方がこちらとしても辞めやすいからです。ぶっちゃけ、IT会社って入ってみないことにはその会社の空気も仕事の進め方もわからないところが多いですから。

ですから、会社側としても雇用者側としても「お試し期間」は必要であると思うのです。そしてだからこそ、IT業界への就職の場合は、スタート時は非正規雇用でいいと思うのですよね。正規雇用採用にこだわって、とんでもない会社に入ってしまっても困ったことになるかも知れませんし。

IT系の派遣に向いている人とは

普通の業界であれば、正規と非正規とでは給与に差がありますが、IT業界においては、ほとんど差はありません。

逆に、中小や零細の正社員よりも、大企業で派遣社員として働いている人のほうが給与が高いことすらあります。

加えてスキルがあれば、さらに待遇はよくなります。

しかし、だからといって、誰でも彼でもIT系の派遣になったほうがよいというわけではありません。

IT系の派遣に向いているのは、以下のような特徴を持った人です。

一つ目は、「正社員の肩書にこだわらない」。

二つ目は、「出世に関心がない」。

三つ目は、「人間関係で煩わされたくない」。

四つ目は、「家の事情などにより、フルタイムで働くのが難しい」。

五つ目は、「仕事のためにプライベートを犠牲にしたくない」。

この中で最も重要なのが、正社員へのこだわりがないことです。

上でも述べたように、他の業界では正規と非正規に格差があるので、「派遣は大変だろう」と思われがちなので、そういう目で見られるのが気になる場合は考えたほうがよいでしょう。