IT業界での非正規雇用

IT業界でも企業の正社員ではなく非正規雇用として働く方が多くいます。特にシステム開発系の中小企業にそういった方が多く在籍しています。

IT業界で非正規雇用で働くメリットはずばり自由であることです。要はフリーランスで仕事をしていくことになりますので、仕事の仕方やどんな仕事をするかは自分次第です。自分がやりたいように自由に仕事をすることができます。正社員は企業の意向に従わなければならないため、時には自分がやりたくない仕事を強いられることもあります。しかし、非正規で働いている場合はそれがありません。気に入らなければやらなければ良いだけです。

逆にデメリットとしては、収入が安定しないことと、仕事を選べるからと言っても、自分に合った仕事が見つかるかどうかは別問題であることです。収入に関しては長期の契約が取れればある程度安定しますが、景気が悪くなると仕事も減るため、注意が必要です。また、仕事に関しては、やはり自分が思った通りの仕事に巡り合える確率は低いことから、ある程度妥協して仕事を探す必要もあります。

最近は非正規雇用は収入が安定しない印象から敬遠されている用ですが、メリットもあるので一考の余地はあると思います。