一口に非正規雇用のITエンジニアと言っても

IT業界において、非正規雇用のITエンジニアは多いという印象です。そして、IT業界においては一口に「非正規雇用のITエンジニア」とは言っても、その技術はピンキリだとも言えるでしょうか。

教室の講師にも呼ばれるような優秀な非正規雇用のITエンジニアの人もいれば、人間関係が立ち行かないと思われてしまうようなフリーランス的な立場の非正規雇用のITエンジニアもいますからね。

私がいたIT関連会社にしましても、非正規雇用のITエンジニアをプロジェクトによっては呼び寄せていることもあり、「非正規雇用のITエンジニアと一口に言ってもスキルからコミュニケーション能力からさまざまだなー」と思ったものです。

ただ、一般的な事務員派遣社員と違うなーと思うところは、非正規雇用のITエンジニアの場合、自ら望んで非正規雇用のITエンジニアとなっている人も結構いるということですね。

ですから、優秀なIT技術者はフリーランスの方が稼げるのであえて非正規雇用で活動しているという人もいますし、また反対に、人間関係をそつなく対応できなくて、それで非正規雇用のITエンジニアをしている人もいますしね。実にさまざまだという印象です。