男性IT業界は非正規雇用は多いです

男性で、非正規雇用として勤務しているケースは多いです。特に自分で独立したいので、今は非正規雇用で働いてスキルアップしているという方も多いです。大手企業で非正規雇用として働いて技術などスキルを磨くことができますし、人間関係を築くこともできるので、しっかりと働いてスキルアップすることができます。男性は非正規雇用として働いている方も多く、自分でいずれは独立したいと考えたり、正社員として勤務したいと考える男性も多数います。IT系ベンチャー企業を立ち上げるには、非正規雇用としてしばらく大手企業や外資系企業でスキルを磨いて技術習得するなど、様々なライフスタイルにあった働き方ができるので、しっかりと身につけると技術力を伸ばすことができます。非正規雇用として働いていると、ボーナスなども出ないことが多いですし、福利厚生なども正社員と違って充実していないことが多々あります。やはり独立する方も多いので将来的なことも考え、働いている方が多いです。

IT業界の非正規雇用は多いです

IT業界で働いている場合、正社員の方もいますが、部署によっては非正規雇用も多いです。特に女性の場合、結婚・出産した後に退職するケースも多く、その後は非正規雇用として勤務してライフスタイルにあった働き方をしているなど、無理なく勤務できるのでけっこう女性などは、非正規雇用スタイルは多いです。正社員だとどうしても残業が多くなったり、休日出勤などIT業界は多いです。特に障害対応などしていると、急に夕方からお客様サポートを行ったり、色々とハードな仕事も多いので思ったように仕事と子育て・家事との両立が難しいと感じることも多いです。子供が小さいうちは家庭を重視して働きたいといったライフスタイルにあった勤務ができるのは、非正規雇用の方が残業規制などもあるため、上手に働くことができますし、子育てと両立しながら勤務しているケースも多々あります。無理なくやりくりすることがライフスタイルを充実させるためのコツです。

一口に非正規雇用のITエンジニアと言っても

IT業界において、非正規雇用のITエンジニアは多いという印象です。そして、IT業界においては一口に「非正規雇用のITエンジニア」とは言っても、その技術はピンキリだとも言えるでしょうか。

教室の講師にも呼ばれるような優秀な非正規雇用のITエンジニアの人もいれば、人間関係が立ち行かないと思われてしまうようなフリーランス的な立場の非正規雇用のITエンジニアもいますからね。

私がいたIT関連会社にしましても、非正規雇用のITエンジニアをプロジェクトによっては呼び寄せていることもあり、「非正規雇用のITエンジニアと一口に言ってもスキルからコミュニケーション能力からさまざまだなー」と思ったものです。

ただ、一般的な事務員派遣社員と違うなーと思うところは、非正規雇用のITエンジニアの場合、自ら望んで非正規雇用のITエンジニアとなっている人も結構いるということですね。

ですから、優秀なIT技術者はフリーランスの方が稼げるのであえて非正規雇用で活動しているという人もいますし、また反対に、人間関係をそつなく対応できなくて、それで非正規雇用のITエンジニアをしている人もいますしね。実にさまざまだという印象です。

IT業界での非正規雇用

IT業界でも企業の正社員ではなく非正規雇用として働く方が多くいます。特にシステム開発系の中小企業にそういった方が多く在籍しています。

IT業界で非正規雇用で働くメリットはずばり自由であることです。要はフリーランスで仕事をしていくことになりますので、仕事の仕方やどんな仕事をするかは自分次第です。自分がやりたいように自由に仕事をすることができます。正社員は企業の意向に従わなければならないため、時には自分がやりたくない仕事を強いられることもあります。しかし、非正規で働いている場合はそれがありません。気に入らなければやらなければ良いだけです。

逆にデメリットとしては、収入が安定しないことと、仕事を選べるからと言っても、自分に合った仕事が見つかるかどうかは別問題であることです。収入に関しては長期の契約が取れればある程度安定しますが、景気が悪くなると仕事も減るため、注意が必要です。また、仕事に関しては、やはり自分が思った通りの仕事に巡り合える確率は低いことから、ある程度妥協して仕事を探す必要もあります。

最近は非正規雇用は収入が安定しない印象から敬遠されている用ですが、メリットもあるので一考の余地はあると思います。