非正規社員のエンジニアとして働くということ

IT業界の派遣の仕事などの、非正規社員のメリットは、自分がしたい技術を使ったプロジェクトを選べる可能性があることです。
正規雇用の場合は、所属している会社の戦略に従って、それに合わせたプロジェクトを遂行していくことになりますが、非正規雇用であれば、自分で自分がしたいと思うプロジェクトを選択していくことが可能です。
そのため、自分次第で様々な技術力を身に着けることができるというメリットがあります。
デメリットとしては、プロジェクトが終了したときに、
すぐに次のプロジェクトをみつけることができるかという問題があることです。
次のプロジェクトに参画できなければ、もちろん収入も入らないため、安定した収入を得られるとは限りません。
注意点としては、30代になっても非正規雇用の経験しかない場合、受け入れてもらえるプロジェクトが減っていく可能性が高いため、
20代のうちに様々なプロジェクトに参画し、高い技術力を身に着けたうえで、
30代には正規雇用者へと転職していくことです。
よほど飛びぬけた高い技術力がない限り、30代でも現場でエンジニアとして働くことは難しいと思います。
大概の人が20代のうちに技術力を身に着け、30代ではマネジメントをする側へなっていっていると想定されます。
マネジメントをする側としても、自分より年上の人間をマネジメントするよりは、
柔軟な対応をすることができるであろう扱いやすい20代を好むと考えられます。
今はエンジニアの需要が高いため、正規雇用の求人も多いと感じています。
今の自分の技術力、年齢を考慮して、現在の正規雇用の需要の高さの波にのって、
転職をするかを検討することが無難だと思います。