非正規雇用の採用について

IT業界では人材不足を補うために、期間採用を代表とした非正規雇用を促進しています。もちろん、正規採用に比べるとコストも安くフレキシブルな採用ができることがメリットです。しかしながら、実際にプロジェクトで推進している中に正規採用のスタッフ以外が入るとどうしてもコミニケーションがうまく取れないことがあります。いかに割振りがきちんと決まっている仕事であっても、チームで仕事を推進している以上はコミニケーションをとりながら課題解決などを図る必要があります。こういった際にどうしても普段からコミニケーションがうまく取れない非正規雇用のスタッフに関しては難しいトラブルが発生することもあります。
そもそもが理系出身のスタッフに関しては正規雇用の社員であってもコミニケーション不足が叫ばれる中当たり前のことながらトラブルに見舞われるわけです。フレキシブルな雇用体系を優先するのか、多少のトラブルを乗り越えることを前提に作用するのか採用を担当する側も難しいところです。